風のワルツ

宝塚歌劇、楽しくブログで綴ります。

花組「ポーの一族」刹那の輝きを残して

 

こんにちは。花うさぎです。

 

ポーの一族、観に行きました!

華やかな舞台でした。

 

トップさんが子供時代を可愛らしく、無理なく演じることは可能なのか

声の出し方、所作、顔つき、スタイル、雰囲気、どれか一つでも違うと子供には見えない。

 

そのようなことを考えながらの観劇。

原作は知っています。

 

いよいよ「ポーの一族」の幕が上がります。(少し内容に触れます)

 

子供時代のエドガーがいます。

可愛い!そしてかっこいい!

さらに違和感なく少年時代へと移って行きます。

ここでも不自然さは全く感じませんでした。

最後まで歌と演技力でストーリーを引っ張っていった明日海りおさん。

運命に翻弄されるエドガーを、丁寧な役作りで演じられていて素晴らしいと思いました。

みりおさんが演じられた中で1番好きな役になりました。

 

男爵の瀬戸かずやさん

ストーリーの要となるかなり重要な人物です。

男爵、渋くていい役ですね。

あきらさんのお顔大好き

素敵に演じられています。

 

クリフォード役の鳳月杏さん

いやぁ、かっこいいですね~

歌もお上手で存在感抜群!

次の公演ではどんな役をされるのか創造意欲を掻き立てられる実力派スターさん。

博多座では中大兄皇子を演じられますね。

お似合いだと思います。

 

仙名さんとちなつさんの二人きりの場面に何となくドキドキ

一転、結末へと続く激しいシーンへ

終盤の大きな見せ場です。

ここでもお二人はしっかりしたお芝居されるなぁと感動しました。

ゆきさんはお声も綺麗ですね。

花組さん、層が厚くてとても充実しています。

 

最後にアラン役の柚香光さん

以前から、れいさんはとても目立つ綺麗なスターさんという印象でした。

観る度ごとに存在感が増してきて。

昨年末のタカスペでは眩いばかりのオーラを感じました。

今回アラン役はれいさんにぴったりの役でした。

今後にますます期待が高まります。

 

歌で繋がれてストーリーが流れて行く

宝塚だからこそ出せる世界観

 

新たなる地に現れたエドガーとアラン

いずれそこも去って行くのでしょう

一瞬の輝きを残して。

劇画のように美しい世界が確かにそこにありました。

 

『ポーの一族』感想の続編です。

  ↓ ↓ ↓
www.wind-waltz912.com

 

ありがとうございました ♪