風のワルツ

宝塚歌劇、楽しくブログで綴ります。

宝塚『89期生』Vol.1~瑠璃色に輝く4つの海~2018年・春

 

 こんにちは。うさぎです。

 

『89期生』の初舞台は『花の宝塚風土記』 

 華やかで人気・実力のある人が多い89期生も、現在は7名。

男役さんは5名になりました。

 

現在トップなのは明日海りおさんと望海風斗さんですが、皆さん新公主演やバウ主演、東上公演主演など経験を経て重要なポジションで活躍されてます。

トップ就任というのは、人気・実力があってもタイミングや様々な事情が絡んできます。

いつの時も、私達は願いを込めて見守るしかありません。

 

先日104期生の芸名が発表されましたが、名前を決めることは舞台人としての最初の大きな一歩となります。

明日海りお

望海風斗

七海ひろき

凪七瑠海

美弥るりか

 

4人の名前に「海」という文字が入ってます。

 

明日への海、希望の海、七つの海、穏やかな海

そして海の色は鮮やかな青、そう瑠璃色です。

 

名前に込められた思いは様々でしょうが、

皆さんの名前、素敵だと思いませんか⁉

 f:id:wind-waltz912:20180327122651j:plain

 

明日海りおさんは宝塚を代表するスターさん。

宝塚が苦手という私の友達はTV出演のみりおさんを見てすんなり入れたようで、新しいファンを開拓できる人なのかなと思います。

それはほんとに素晴らしいこと。

宝塚を明日への海へと導いてくれる人です。

 

望海風斗さんは私のお気に入りスターさんなので、トップ就任はもちろん嬉しかったけれど、2番手、3番手時代のだいもんも好きなのです。

輝くのはトップの時だけではありません。

そして満を持しての『ひかりふる路』では多くの人の感動を呼びました。

希望の海はどこまでも果てしなく広がりそうです。

 

七海ひろきさんは高身長で華があるスターさん。

私は舞台でのカイさんをあまり知らないのですが、友達によると芝居心があって最高にカッコいい人。

映像で観た時、私もそのように思いましたよ!

力強く七つの大海原に漕ぎだしてほしい人です。

 

凪七瑠海さんは立ち姿が美しくて、涼しげな眼差しのスターさん。

個性豊かな同期生の中にあって、いつまでも透明感を持ち続けている人です。

名前の凪のように静かで優しい雰囲気のかちゃさん。

穏やかな海はいつまでも見つめていたいものです。

 

美弥るりかさん。

魅力溢れるスターさんで、トップになってほしいという声は後を絶ちません。

私もそれを望んでいます。

みやさんが舞台に立つと、まるで魔法をかけられたように劇場内が瑠璃色に染められる感覚になります。

 

叶わないことですが、ここで少しだけだいもんと同期生との競演を妄想してみました。

例えば、

”ジゴロ美弥るりか” と ”マフィア望海風斗” の濃くも美しい色気対決とか

”刑事七海ひろき” と ”スパイ望海風斗” の激しいアクション対決とか

だいもん、黒い役ばっかりでごめんなさい。

でも大ファンですよ ~

 

さて、今年のラインアップもほぼ決まりました。

89期生にとってもファンにとっても、これからの一年一年がとても大切な時期であることは言うまでもありません。

同時にこの素晴らしい皆さんにまだまだ期待することもたくさんあります。

 

それぞれの立場での苦労、悩み、試練もあるでしょう。

 

全てを乗り越えて舞台の上で輝くスターさんたちに、最後の日まで惜しみない拍手を送りたいと思います。

f:id:wind-waltz912:20180330163047j:plain ありがとうございました ♪