風のワルツ

宝塚歌劇、楽しくブログで綴ります。

雪・花・月組公演を振り返って〜ひかりふる路/ポーの一族/カンパニー

こんにちは。うさぎです。

f:id:wind-waltz912:20180327120934j:plain

最近の大劇場3作品『ひかりふる路』『ポーの一族』『カンパニー』は

それぞれに作品のチカラが大きくて、いい舞台に出会えたなと思っています。

トータルで3作品を観た場合も、バラエティに富んでいたので楽しむことができました。

 

作品の世界観が全く違うことも新鮮で、

歴史の歯車の中で抗うロベスピエールに泣き

劇画の中から現れた麗しいエドガーに魅了され

現代社会に息づく青柳誠二に元気をもらいました。

 

各トップの持ち味を生かした役柄であったことも大きく、お芝居とショーの組み合わせも良かったと思います。    

 各作品の感想記事です。
www.wind-waltz912.com
www.wind-waltz912.com

 
www.wind-waltz912.com
www.wind-waltz912.com
www.wind-waltz912.com
www.wind-waltz912.com

こうしていつも、(自分にとって)良い作品と思えるものに出会うことができれば良いのですが、そうでない場合もあります。

ただ、作品としてハマらなかった時でも、 主題歌が良かったり、心に染みるセリフがあったり、印象的な役柄があったりと、何かしら自分の中に残るものがあるので、どんな小さな感動でも忘れないようにしています。

 

そのようにして、今まで私なりに宝塚の舞台を楽しんできました^ - ^

これから先も、一作ごとに感動や喜びを見つけられるといいな~と思っています。

f:id:wind-waltz912:20180330163047j:plain ありがとうございました ♪