風のワルツ

宝塚歌劇、楽しくブログで綴ります。

望海風斗・月城かなと〜バウ初主演公演は素晴らしい

こんにちは。うさぎです。
先週末はのんびりとDVD鑑賞をしました。
妹から借りているDVDがどっさり←2年越えのモノも(//∇//)・・
何を観ようか悩んだ末、懐かしいバウホール作品を観ることにしました。

 

望海風斗主演『Victorian Jazz』
月城かなと主演『銀二貫』

全く異なる2つの作品と主演スター
元々どちらも好きな作品です。

もちろんふたりのことも!
それぞれの良さが出ていて、何度も観たくなる作品です。

f:id:wind-waltz912:20180527192722j:plain

だいもんのバウ初主演は今から6年前の2012年『Victorian Jazz』ナイジェル役
躍動感と安定感
2つをバランス良く演じる
そこに抜群の歌唱力
やっぱりだいもんは、この頃からできるスター☆
声は今より少し高めで若々しい
6年という年月が更に歌や演技に深みをもたらし、できるスターというだけではなく魅力あふれるスターに☆
だいもんの初主演がこの作品であることはラッキーだった思うし、演出家デビューされた田淵先生にとっても主演がだいもんであったことは良かったのではないかと改めて実感しました。


花組で育ち輝いていただいもんですが雪組へ2番手として移動、ちぎみゆだいもんのトリデンテの素晴らしい活躍、そして雪組のトップへ。
だいもんは、かねてから底抜けに明るい役をやりたいと『おとめ』にも記載されてますが、このナイジェル役のような奔放でかっこよくて楽しい役を観てみたいなぁと思いました。


月組スター月城かなとさんのバウ主演公演は
3年前の2015年『銀二貫』松吉役
雪が舞い散る美しい幕開け
青年の松吉が登場して歌う場面
華があって和物が美しく似合う人
私はこのような役のれいこちゃんが好きだ。
優しくて控えめで健気で芯が強い松吉を、憂いのある面差しで情感たっぷりに演じる。
れいこちゃんはよく、どのような役も卒なく演じると表現されますが、卒なく演じらるということがどんなに素晴らしくて貴重なことか。
このような静かな作品は力が伴わないとかなり厳しいと思うけれど、松吉役のお芝居は見事に決まってました。

谷先生の脚本も素晴らしいですね。
95期生の中でも落ち着いて大人なイメージのれいこちゃん。その持ち味はそのまま松吉に生きているように感じました。


このまま雪組でいつかは・・と思っていたけれど、月組へ移動。

月組では今までとは違った役柄を演じることが多くなりました。
大劇場公演ではベルナルドに那由多にポッキーにルキーニと個性派キャラ、決して松吉タイプではない役どころ。
これらの経験は必ず将来へ向けての布石となるのでしょう。


だいもんはこの後、話題作の『凱旋門』で轟悠さんと共演、ラテンショー『Gato Bonito‼︎』、そして大作『ファントム』
 れいこちゃんはルキーニの前に、いよいよ『THE LAST PARTY』で東上公演の初主演


2つのバウ初主演作品を久々に観て、これまでの2人の軌跡をたどる時、一つ一つの作品の全てがかけがえのないものであったと思わずにはいられません。

何度も観たくなる作品というのはそれほど多くはないので、とても貴重な2作品です。

このDVD、このままさりげなく、普通に、当たり前のように、黙って、私のものにしようかしら・・・(๑˃̵ᴗ˂̵)ダメかな?

f:id:wind-waltz912:20180330163047j:plain ありがとうございました ♪