風のワルツ

宝塚歌劇、楽しくブログで綴ります。

2019年度版『宝塚おとめ』表紙は望海風斗さん!

 

「宝塚おとめ」「étranger」ル・サンク『20世紀号に乗って』

 

すっかり暖かくなって、春めいてきましたね♪

今年も「宝塚おとめ」の予約が始まりました。

 

f:id:wind-waltz912:20190301184401j:image
「宝塚おとめ」皆さんは毎年購入されてますか。

私は2~3年ごとに買っています^ - ^

 

2019年度版「宝塚おとめ」

 

表紙を飾るのはと男役トップですが、基本的にはトップ就任時の古い順でしょうか。

なので、就任が短期だったり、タイミングが合わないと、残念ながら表紙を飾ることなく卒業される場合もありますね。

例えば、姿月あさとさん、大和悠河さん、音月圭さん、壮一帆さん、北翔海莉さん、朝夏まなとさんなど。

やはり5組になったくらいから、そのようなケースも増えてきた感じがします。


2019年度版「宝塚おとめ」の表紙は望海風斗さんです。

就任順だと珠城りょうさんということで、どちらのご贔屓にも様々な思いが胸にあると思いますが・・。

たま様はまだまだお若いし、
のぞ様ファンの私としては、サプライズな素晴らしいプレゼントとして受けとめ、ただただ嬉しく思っています。

 

「宝塚おとめ」の楽しみ、いろいろ

 

宝塚歌劇団のスター名鑑である「おとめ」
各組の現役生徒が全て掲載されているので、手元にあれば重宝します。


私が生徒さんの紹介の欄で注目するのは「演じてみたい役」

例えば2018年度版で、望海さんは「底抜けに明るい役」と答えられています。
この願いは『20世紀号に乗って』で叶いそうで嬉しいですね。

具体的な役名で答える生徒さんもいらっしゃるので、いつも興味深く読んでいます。

これを知ることで応援できるのが良いところです。

✩.*˚

あと、生徒さんの写真の合間に色々な情報が掲載されていますが、いつも同じようなことが書いてあっても再読しています。

例えば、
宝塚歌劇と海外ミュージカルのまとめ
1番最初の海外ミュージカル、1967年の『オクラホマ!』から雪組『ファントム』まで全て掲載されています。

芸名の変遷というのも面白い。
名前によく取り入れられている漢字など、芸名に纏わる情報がたくさん書いてあります。

写真だけではなくて、音楽、舞台、様々な情報が充実していて、読み応えがあると思います。

 ✩.*˚

 そんな「宝塚おとめ」の他にも新しい出版物の予約始まってます。

明日海りお写真集「étranger」(DVD付)

ギリシャを舞台に明日海りお・・何て素晴らしいのでしょう。

のぞ様、美弥さんに続いて美しい写真集であること間違いなしですね。


☆ル・サンク特別編集『20世紀号に乗って』

特別編集・・(絶対に)欲しくなるものが、次々と出てきます。

 

105期生卒業式


今日は宝塚音楽学校105期生の卒業式であり、
宝塚歌劇団入団式、芸名も発表されました。


皆様おめでとうございます!

いよいよ宙組公演『オーシャンズ11』(2019年4月19日~5月27日)が初舞台です。

夢を抱いての舞台、思いっきり羽ばたいて輝かれますように。

そしてこれからの「宝塚おとめ」を美しく彩ってください。

 

↓ 「2018おとめ」で遊んでみた1年前の記事です^^
www.wind-waltz912.com

 

うさぎ