風のワルツ

宝塚歌劇、楽しくブログで綴ります。

雪組『ハリウッド・ゴシップ』感想(後編) 彩凪翔 ー 熱演が光る

『ハリウッド・ゴシップ』感想(後編)、彩凪翔さんが中心の感想です。
ネタバレ含みます。

 

f:id:wind-waltz912:20191029193929j:image

 

 

 

彩凪翔の輝き

 

この公演を観て、彩凪翔主演の舞台を観たいなーと本気で思っています。

ジェリー役は好演、大変魅力的でした。


咲ちゃんがグイグイとお芝居を引っ張っていく中に、翔ちゃんの存在がスパイスとなって絡み、2人がバランス良く進めていった感じです。

彩潤彩トリデンテとっても良かったのではないでしょうか。


翔ちゃんのここ数年の役の広がりは素晴らしく、王子様はもちろん、大人のクールな役もよく似合いますね。
また和物姿は宝塚でも5本の指に入るだろう美しさ。

若い頃はビジュアルの良さが注目されがちでしたけど(私もそうだった)、誠の群像辺りから私の中で役者としての翔ちゃんの存在が大きくなってきました。

 

ジェリーの輝き


ジェリーは押しも押されぬハリウッドスター⭐︎

登場からスターオーラ全開でかっこいい。
翔ちゃんは華やかな容姿なので私はキラキラ系の役が好きです。


傲慢で野心メラメラ、モテモテ。
監督もご機嫌を取っているところから、かなりの売れっ子スター。

今の時代ならばジョニー・デップ、キアヌ・リーブス、トム・クルーズ…
彼らよりずっと若いだろうけど。

過去には大女優アマンダの愛を利用して栄光の座に就いたという華麗なる遍歴もあり。


翔ちゃんはそんなスター然としたジェリーの振る舞いが板についていて素敵なスターでした。

 

彩×彩


ハリウッドでの栄光はいつまで続くのか・・
追うものより追われるものの方が怖い。

彗星の如く現れた新進スター、コンラッドの影に怯える日々。

コンラッドとジェリー、俳優の座をかけての対決です。

咲ちゃんと翔ちゃん、2人のこのような対決ものはあまりなかったですね。

壊れていくジェリー
薬に溺れてしまう。
転落するのはあっという間。

ここからの翔ちゃんの演技が特に印象的で良かったのです。

サロメの彩凪翔


劇中劇の「サロメ」

悪役の翔ジェリー。
お髭がよく似合うも、薬のせいで精神が蝕まれてボロボロになりながら演じる。
役柄なのかジェリーなのか最早わからないほどの錯乱ぶり。


最近抑え気味の役が多いですが、
思いっきり暴れて崩れて堕ちていく翔ちゃんの演技がとっても良いです!


『サロメ』は聖書の中に出てくるお話。
因みに首を取られるヨカナーンは洗礼者ヨハネで、イエス・キリストとはハトコになります。
母親同士(マリアとエリザベツ)が従姉妹ですね。


『サロメ』は古典的な戯曲だけど、これが現代的な翔ちゃんに意外とピタッときて、凄くいい味が出てました。

「彩凪翔」の可能性まだまだあるのでは?

 

ジェリーと監督、プロデューサー


映画監督ロバート役の真那春人くん。
カフェのおじいさんもどちらの役もいい。
皆んなに振り回されて、仕事できるのかなと心配になりそうな監督です。

助監督役の諏訪さきくん。
場面ごとの顔が表情豊かで細かい演技ができる人です。

ゴシップ紙コラムニストの愛すみれさんはストーリーの語り部となって安定した歌唱力。


さて、プロデューサーのハワード役の夏美ようさん。
はっちさん、声に圧がありアクの強いプロデューサーもさすがの演技です。
 
先日、大劇場公演で英真なおきさんと一緒に観劇されてましたが、ふとお二人の星組時代の頃を思い出しました。
中堅スターの頃の二人、ぴちぴちの革ジャンで歌いながらの銀橋のシーン…何の公演だったかなぁ。

お二人とも専科にいてくださり有難うございます、という気持ちです。


話を戻すと、
この作品ではジェリーやコンラッドと、監督やプロデューサーとの関係のシビアな面が分かりやすく描かれてました。

 

最後に


ダンスも翔ちゃんの大きな魅力


フィナーレの彩風ー潤のデュエットダンスはとても美しいものでしたが、
彩凪ー縣のタンゴには萌え転がりました(←1度使ってみたかった言葉)

縣くんもダンスは得意ですからね。
美し過ぎる二人のダンス、圧巻でした!

 

『ハリウッド・ゴシップ』は咲ちゃんの安定感翔ちゃんの熱演光り、ヒロイン、その他の皆さんの好演もありとても楽しい舞台でした。


ありがとうございました。


雪・うさぎ

 

www.wind-waltz912.com