風のワルツ

宝塚歌劇、楽しくブログで綴ります。

雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』感想① 世界初のミュージカル化!

『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』原作は映画史に残る名作

結局、映画を見ないまま観劇の日を迎える。

それが正解か不正解かはわからないけれど、あれこれ頭をよぎるものもなく舞台にだけ心を集中することができました。


f:id:wind-waltz912:20200104235548j:image

 

明けましておめでとうございます!
2020年も宝塚歌劇を楽しみながらマイペースでブログ更新できることが目標です。
今年もどうぞよろしくお願いします。

今年の初観劇は1月5日雪組公演の『ワンス アポン ア タイム イン アメリカ』
日常に戻る前の貴重な1日になりました。

今回は全体の印象をざっくりと、特に舞台内容に触れることはありませんが、完全に真っ白な状態で観劇されたい方はご注意くださいね。

映画を見てない者の感想です。

 ミュージカル
『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』
 脚本・演出/小池 修一郎

 

宝塚ワンス…の世界観

 

ギャング映画が原作ということで少し身構えてました。

先生によるとストーリーの根幹は、ユダヤ系の移民の人たちがアメリカでどう生きていくかということだそうですが…

ユダヤ人、移民、ギャング、このキーワードだけで心がザワザワしますね。

観劇前→今までで一番心がざわついて
観劇後→いいようにぐったり、放心状態!
こんな感じです。

 

映画のインパクトが強いこと、小池先生も言われている様に宝塚作品としては異色で独特の世界観を持っていることから、この作品のミュージカル化はチャレンジだったと思います。

新しい試みというのは評価や好みが割れるものですけれど、私はズシーンと重い作品が好きなので、どちらかと言えば好みです。

ただもう少し掘り下げて欲しいと思うところもあります。

映像を先に見ている場合は、舞台を別物として捉えることで、舞台の世界観に入り込めるかもしれませんね。
なかなか難しいですが。

 

全体の印象としてはだいきほの歌がとても多いです。
台詞をそのままメロディにしたような曲も多く、心の叫びのような歌などもあり聞き応えがあります。
難曲も多いので、新公最終学年ということだけではなく諏訪さきさんがヌードルス役というのも納得。

歌に関しては、何度か観劇できるなら、メロディが次第に耳に残りハマっていきそう。
1度の観劇予定の方もだいきほの歌声に充分な満足感があると思います。
ほんとに素敵なので!

また、女役キャロルにあーさを起用したことは大正解かと。
総じて適材適所の配役のように感じました。

真彩ちゃんの華やかな衣装で歌うシーンは驚きの豪華さ

プロローグと1幕のラスト、フィナーレもとっても素敵です♡お楽しみに!

 今日は内容には触れないという約束なので作品についてはここまでにします。

 

キャストについて

 

キャストの感想ももう少し観劇回数を重ねてからにしたいと思いますが、
少しだけ。

主演の望海風斗さん。
渋く深みのある演技に加えて、大人の熟成された味わいを出せるのは、男役18年目を迎えようとしている望海さんだからこそと思いました。
この作品は歌も芝居の延長線上にあるものとして捉えたいです。

抑えた演技はボリスから
抑えられない衝動はエリックから

あるいはロベスピエール、アル・カポネ、源太

今までの全ての役を糧にして積み上げてきた男役の集大成がヌードルスではないかと。

それでもまだまだ私の知らない望海さんがありそうで
ますます今後の舞台が楽しみになっています。
のぞ様にかける期待はエンドレス…。

望海さんについての感想は今日はこれでジ エンドに。
続きはまた後日にします。

 

真彩ちゃん(真彩希帆) この公演でも安定の歌姫、デボラの変貌も楽しめます。

ちゃん(彩風咲奈) またもや難役に挑戦も盤石の2番手に怖いものなし。

ちゃん(彩凪翔) 物語のスパイスとなる重要な役を手堅く好演 and 手堅くイケメン。

あーさ(朝美絢) 男役も女役も色気があって美しく、特に二幕は素晴らしい存在感。

あやなちゃん(綾凰華)  独特の雰囲気を確立しつつあるなと期待しているひとり。

 くん(縣千) 壬生義士伝に続いて抜擢に応えていてダンスはやはり素晴らしい。

まなはるくん(真那春人) ハーモニカの少年が可愛くて青年役も素敵でした。

 

ミュージカルを楽しもう! 

 

映画のDVDが、わたしの本棚でポツンと寂しそうに出番を待っています。哀愁すら感じまます…泣。
名曲『アマポーラ』(スペイン語でひなげしの意味)が、映画の中でどのように流れているのかなど、色々と気になる点はあります。
いつのタイミングで見るかですね、
1月末頃かな…待ってろよ~DVD !

 

雪組公演『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』
せっかくこの作品と出会えたので、キャスト別の感想だけではなく何か感じることがあれば書いていきたいと思います

 

移民として異国で生きる者たちが抗えない運命に翻弄されながら懸命に生きる姿は、時の流れの中で切なく、残酷で悲しい。

そんな壮大なストーリーがミュージカルとなってこの宝塚に生まれました。

そして望海さんを中心に雪組一丸となって凄い熱量で力強く演じてくれました。

雪組の皆さんに大きな拍手を送りたいと思います。

ありがとうございます!


雪・うさぎ

 

www.wind-waltz912.com

www.wind-waltz912.comwww.wind-waltz912.com