風のワルツ

宝塚歌劇、楽しくブログで綴ります。

月組『チェ・ゲバラ』感想-轟悠とエルネストー終わりなきロマン

f:id:wind-waltz912:20190818160052j:image


月組公演『チェ・ゲバラ』8/17の観劇感想です。
前置きなしで一気に書いていきます。
(ネタバレ少しあるかも)

 

 

轟悠とエルネスト・ゲバラ


素晴らしかった!
まずこの一言を早く伝えたかったので前置きなしです。


先日『パパ・アイ・ラブ・ユー』の映像を見ましたが、あそこまでコミカルないしさん (轟悠) を見たのは初めてで新鮮でした。
相当なセリフ量だと思いますが軽妙でテンポよく面白さにもセンスを感じました。

芸に終わりはないと言いますが、いしさんの芸が更に広く深く進化しているのだと感心していたところ→180度違うゲバラ役。

なので、ちょっと興奮しています。


作・演出は原田諒先生、ストーリーの流れ、楽曲、衣装、全てうまくまとまっていて満足度の高い舞台でした。


チェ・ゲバラを簡単に自己紹介すると、
1928年生まれ (昭和3年) なので、ご存命なら今年91歳。
そんなに昔の人ではないんですね。

1959年には来日して、広島の原爆記念館にも訪れています。

本名はエルネスト・ゲバラ
チェというのはあだ名のようなものです。


アルゼンチンの裕福な家に生まれて医者になったエリート、かなりのイケメンで秀才。
選択によっては穏やかな人生を全うできたかもしれません。

でも彼はキューバの貧困を目の当たりにしたことがきっかけで、独裁と戦うためにカストロ兄弟らとキューバへ向かいます。


さて、この意思の強い情熱的な革命家を演じるいしさん。
独特のセリフまわしや歌声は雪組トップ時代のままに、年月と共にその個性が熟成され磨きがかかってきました。
おそらくゲバラ役をこの完成度で演じられるのは、今の宝塚においていしさんだけだと思います。

革命家としての熱量はもちろんですが、さすがだと思ったのは妻となるアレイダへ向ける表情です。
出会いから別れまで、場面によって異なる表情ながら全て愛に溢れた眼差しであったことには感動しました。
今回2列目での観劇だったので皆さんの表情がよーく分かりました。

 

後半キューバの革命を成功に導き、キューバ政府の要職に就き子供も授かりながら自分の信念からまた革命に身を投じます。

何という激しい人生・・。


原田諒先生の言葉から。

強烈な個性とロマンティシズム、あえて困難な道を選び進み続けるゲバラの高潔な生き様は、轟悠に通じるものがある。

同じように感じられたは多いのではないでしょうか。
私もその1人です。


外側だけ見ると「ゲリラ」という題材は夢の宝塚の舞台とは異質なものに感じられますが、
根底にあるのはゲバラの究極のロマンティシズム

そしていしさんがこの先も歩み続けるであろう宝塚の男役という道。
現実的には異質なことであると同時に私たち究極のロマンを与えてくれる世界です。

いしさん自身もロマンチストな方なのではと想像しているのですが


今回共演された月組メンバーの生徒さんは多くのことを学ばれたでしょうし、それは今後様々な形で生きてきそうです。

 

風間柚乃とフィデル・カストロ


その、いしさんの影響を最も受けたであろうカストロ役のおだちん(風間柚乃)。

おだちんの実力は最早言うまでもないですが、やはり大きな強味は歌えることかなと思います。
今回も力強い歌声を聞かせてくれました。

ゲバラとカストロの年齢差を感じさせなかったのは2人の演技力によるものとわかっていても、学年差を考えるとそれはとてつもないことかなと。

ゲバラにアレイダのことをひやかす場面など間の取り方も上手くて、いしさんが照れるという構図に笑いを誘っていました。

最後、ゲバラが離れていくことへの切なさもよく伝わってきました。ホンマにすごい!

 

以前本公演代役のルキーニを観劇した時にも只者ではないと思いましたが・・。

私の中では、おだちんはルキーニや今回のカストロ役など、個性的だったり情熱的な役で、より魅力が引き出されるように感じられます。(どちらも難役なのに…! )


そう言えば、ルキーニはいしさんの当たり役でしたね。
今回の代役もきっちりやり遂げてますます進化が加速しそうです。


そして、今回月城かなとさんが休演されたことは本当に残念でした。
本当に本当に残念でした‼︎

次回の大劇場公演で元気なれいこちゃんに会えることを心から楽しみにしています。

 

エルネスト・ゲバラの名言から


この公演では1人何役もこなされる生徒さんもいて出演者の皆さん大熱演でした。
ひとりひとりの感想を書くつもりでしたが長くなったので今日はこの辺で、ごめんなさい。


最後に、数々の名言を残したチェ・ゲバラですが、そのうちの一つを紹介します。


明日死ぬとしたら、生き方が変わるのか?
あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なのか。


今の時代を安穏と生きる私たちが答えるには難しい投げかけですね。


月・うさぎ

 

www.wind-waltz912.com