風のワルツ

宝塚歌劇、楽しくブログで綴ります。

専科

宝塚スピンオフ作品を妄想する / 貧乏神 / 喜六 / ブルース / 谷三十郎 / ピットキン主演

辛いニュースが多い中、先日TwitterでフォロワーAさんの呟きが目に留まりました。 20世紀号のタグを見ていたら心がほぐれると。レビュー本で20世紀号のメンバーに再び出会えた喜びの素敵なツイートです。 その中で「ブルース」の文字が突如光って見えまして…

宝塚妄想劇場〜各組の宝塚作品に因んで考えた遊びです。

5月後半は本来なら『NOW! ZOOM ME!!』一色の日々を送っているはずだったうさぎです。 今月最後の雨の日曜日、何をしようか考えるうちにブログを更新したくなりました。いつもは書きたいことが出てくるとブログを書きますが、今日は逆パターンです。 そこで各…

「すみれの花」あれこれ 〜 スイーツ・香り・詩・音楽・Tea・俳句〜愛される宝塚歌劇の花

宝塚歌劇団のシンボル「すみれの花」 可憐で小さな花ですが、凛とした強さと優しさを持ち、古くから愛される花です。 今日はすみれに関するものをあれこれ集めてみました。 すみれを食す、観る、読む、聴く、愛でる・・。 色んなすみれを楽しんでみたいと思…

2019年の宝塚歌劇を振り返って

皆さん今年1年も宝塚の舞台を楽しまれたでしょうか。数多くの観劇をされた方から、1度の観劇の方、贔屓の組を中心に観劇される方、全ツのみの方、ライビュのみの方、状況によってそれぞれの楽しみ方があったと思います。また今年は事情で観劇できなかった方…

『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』感想ー夢に泣いて夢に酔う時

『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』ライブビューイング感想です。 泣いたり笑ったり、今年のタカスペはいつもより気持ちが大きく揺さぶられながらも楽しい時間を過ごすことができました。 各組トップコンビ 「世界の終わりの夜に」 雪組にフ…

華形ひかるさん退団発表

専科の華形ひかるさんの退団が発表されました。 専科 華形 ひかる2020年5月3日(星組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団 専科 退団者のお知らせ | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ ほんの少し予感はありました。今年5月の星組公演『鎌足』の蘇我入鹿役…

星組『ロックオペラ モーツァルト』感想② 凪七瑠海 / 星蘭ひとみ専科異動

凪七瑠海のサリエリ役 その他の配役の皆さん 星蘭ひとみさん専科異動について 最後に 星組『ロックオペラ モーツァルト』感想の続きです。 凪七瑠海のサリエリ役 モーツァルトに敵対するサリエリ役のかちゃさん(凪七瑠海)は舞台に大きな足跡を残したと思いま…

月組『チェ・ゲバラ』感想-轟悠とエルネストー終わりなきロマン

し 月組公演『チェ・ゲバラ』8/17観劇レポです。主に轟悠さんと風間柚乃さんについての感想になります。 轟悠とエルネスト・ゲバラ 風間柚乃とフィデル・カストロ エルネスト・ゲバラの名言から 作・演出は原田諒先生。ストーリーの流れ、楽曲、衣装、全てが…

『89期生』瑠璃色に輝く4つの海−最終回

瑠璃色に輝く4つの海と花2輪 宝塚89期生、入団時は49名でしたが現在は7名、うち3名は今年卒業されることを発表されています。 明日海りお、望海風斗、七海ひろき、凪七瑠海という4つの海宝塚という舞台で、瑠璃色〜美弥るりか〜に輝く海は、今も私たちを魅…

『ベルサイユのばら45』2.21 感想ー後編

平成中期からのベルばら スペシャルイベント『ベルサイユのばら45』ー2月21日ーの 感想(後編) です。 『ベルサイユのばら45』の 感想(前編) はこちらに書いています。↓ www.wind-waltz912.com 平成中期のベルばら〜湖月わたるさん 私が会いたかった3人目の…

『ベルサイユのばら45』2.21 感想ー前編

ベルばら~昭和から平成にかけて スペシャルイベント『ベルサイユのばら45』ー2月21日ーを、観に行きました。楽しく懐かしく、時に涙ぐみ舞台を堪能することができました。 話は少し脱線しながらになりますが、感想を書きたいと思います。 ベルサイユのばら…

『タカラヅカスペシャル2018』感想〜素晴らしき同期生

Say! Hey! Show Up!! 花・月・雪・星・専科の夢の競演、今年もライビュでの観劇となりました。 タカスペ出演が初参加の人、今年最後の人、最後になるかもしれない人。色々な思いを胸に華やかに幕が開きました。 今年も感動する場面あり、笑える場面ありで気…

愛月ひかるさん専科異動について&望海風斗さんのこと

愛月ひかるというスターは、宙組の中にあって常に異彩を放つスターとして私を魅了してくれます。 『不滅の棘』のエロールのような色気のある役から、『神々の土地』ラスプーチンまで、主演、脇役を問わず存在感ある役を演じられる貴重なスターという印象です…

轟悠さん『凱旋門』 大千秋楽の幕がおりて

今日は台風により、宝塚では2公演が中止となり、本当に残念なことでした。 観劇された方は無事帰宅されたでしょうか。 うちの駐車場の屋根は落ちてしまい何もありません(涙)各地で被害が出ないことを祈ります。 さて、2日には雪組公演「大千秋楽」の幕がお…

宝塚『89期生』Vol.2~瑠璃色に輝く4つの海~ 2018年・夏

89期生(男役)についての2018年夏のレポートです。(途中妄想が入ります(//∇//)) 春バージョン、よろしければこちらから↓www.wind-waltz912.com まずは花組の89期生✳︎明日海りおさん✳︎今日は宝塚大劇場公演』『MESSIAH −異聞・天草四郎』『BEAUTIFUL GARDEN…

雪組『凱旋門』感想 ①〜轟悠 / 真彩希帆

こんにちは。雪うさぎです。 雪組公演『凱旋門』の感想①です。(内容に触れます) ラヴィックとジョアンが出会ったのはセーヌ川にかかるアルマ橋。ここから始まる2人のラブストーリーが物語の中核となっています。 アルマ橋 主演ラヴィック役の轟悠さん。結論…

雪組公演『凱旋門』轟悠さんの主演について

こんにちは。雪うさぎです。 初演『凱旋門』の観劇から18年経ちました。 いい作品だったことは覚えてるけれど記憶が遠すぎて。 そこで初演の懐かしい映像を観ながら、今一度轟悠さんが主演されることについて考えてみたいと思います。 雪組トップの時の轟悠…

雪組公演『凱旋門』制作発表会/轟悠さんの言葉

『凱旋門』『Gato Bonito!』の制作発表会が 7日に開催されました。 その場で、轟さん(いしさん)が「自分を乗り越えるのが大変」と言われたことが印象に残りました。 私は18年前『凱旋門』を観ました。 主役ラヴィックといしさんの雰囲気は合ってましたし…

宝塚『89期生』Vol.1~瑠璃色に輝く4つの海~2018年・春

89期生〜男役(2018・春) 『89期生』の初舞台は『花の宝塚風土記』 華やかで人気・実力のある人が多い89期生も、現在は7名。男役さんは5名になりました。 現在トップなのは明日海りおさんと望海風斗さんですが、皆さん新公主演やバウ主演、東上公演主演な…