風のワルツ

宝塚歌劇、楽しくブログで綴ります。

『カサノヴァ』 vs 『ドン・ジュアン』稀代のプレイボーイ

4年前の7月2日は、梅田ドラマシティで『ドン・ジュアン』の幕が上がった日です。 あの時舞台に咲いた妖しく美しい悪の華は何年たっても鮮烈に焼きついています。 地上の愛を求めて彷徨うプレイボーイの双璧、ジャコモ・カサノヴァそしてドン・ジュアン良…

宝塚歌劇〜実在の登場人物を年代別に分けてみる〜誰と誰が同年代?

今日は特別映像「One Heart PROJECT」にかなり感動しまして、途中になっていたブログ記事を一気に書くことができました。夢のコラボ!素晴らしい映像を有難うございました! さて宝塚の舞台には実在の人物がたくさん登場しますが、作品Aと作品Bは同時代の話…

各組トリデンテをシャッフルして上演作品を考えてみる〜雑記です

宝塚歌劇の休演が続く中で、宝塚に関する楽しみを見つけたくて普段はあまり考えたり書かないようなことをブログ記事にしています。 今回はタカスペのトップコンビシャッフルから発想を飛ばしてトリデンテシャッフルして遊んでみました。 深く考えずに適当に…

宝塚妄想劇場〜各組の宝塚作品に因んで考えた遊びです。

5月後半は本来なら『NOW! ZOOM ME!!』一色の日々を送っているはずだったうさぎです。 今月最後の雨の日曜日、何をしようか考えるうちにブログを更新したくなりました。いつもは書きたいことが出てくるとブログを書きますが、今日は逆パターンです。 そこで各…

「すみれの花」あれこれ 〜 スイーツ・香り・詩・音楽・Tea・俳句〜愛される宝塚歌劇の花

宝塚歌劇団のシンボル「すみれの花」 可憐で小さな花ですが、凛とした強さと優しさを持ち、古くから愛される花です。 今日はすみれに関するものをあれこれ集めてみました。 すみれを食す、観る、読む、聴く、愛でる・・。 色んなすみれを楽しんでみたいと思…

アントワネットとエリザベート〜退屈を恐れた2人のプリンセス ③ 「哀しみの皇妃エリザベート」

今回はシシィがオーストリア皇妃になったところからの人生を追っていきます。彼女が残した詩や、美容法なども紹介したいと思います。 ①はこちらです↓ www.wind-waltz912.com 美神伝説 牢の中の皇妃 自由と束縛と すれ違い エリザベート最期の日 エリザベート…

今日、望海風斗さんについて思ったこと(2020.5.11)

「ありがとう」今日キキちゃん(芹香斗亜)さんがメッセージしてくれました。シンプルですが大切な言葉ですね。 今日は望海風斗さんについて2つの「ありがとう」を書いてみたいと思います。 まず一つ目は望海さんのSpecial Blu-ray Boxです。そこには過去から…

アントワネットとエリザベート〜退屈を恐れた2人のプリンセス ②「最後のフランス王妃マリーアントワネット」

前回のブログ記事①には反響をいただき、その余韻が未だ続いていることに改めて2人のプリンセスへの関心の高さがうかがえます。 ここからは1人ずつ追っていきたいと思います。 ①はこちらです↓ www.wind-waltz912.com 悲劇の王妃マリー・アントワネット 幼すぎ…

アントワネットとエリザベート〜退屈を恐れた2人のプリンセス ①

薔薇が美しく咲く季節になりました。 薔薇の花になぞらえるミュージカル界のプリンセスと言えば、マリー・アントワネットとエリザベートが思い出されます。 舞台に映画に絵画にと大人気。 知り尽くされた2人ですが、『ハプスブルク家「美の遺産」』という本…

宝塚な薔薇の名前集合!〜ファントム・桜木・春の雪・グランドホテル・千・レイ・・・

4月の終わりから5月、6月と薔薇が最も美しい季節になります。こんな時世ですがうちの薔薇も小さな蕾をつけています。 宝塚の舞台にもよく薔薇が登場しますね。 最近、宝塚の作品や役名、また生徒さんの芸名や愛称などと同じ名前の薔薇がたくさんあることに気…

スカステ星組OGコンサート / 湖月わたる『Song & Dance』/ 紅ゆずる『 紅-ing!! 』観ました!

先週末はスカステで湖月わたるさんと紅ゆずるさんのコンサートを観ることができました。新旧星組OGの公演は、どちらもパワフルで素敵でした⭐︎ 紅さんは生粋の星組生で、配属された時のトップスターが香寿たつきさん。2人目のトップがわたるさんでした。 全…

望海風斗 コンサート復活に希望の光〜退団日の変更

生徒さんの退団発表後の退団日の変更は今まで記憶にありません。劇団側の諸調整、退団者の卒業後の予定などを鑑みるとかなり厳しく、願っていてもまずありえないと思ってました。 そして昨日の発表。 宝塚歌劇の6月末まで全公演中止、全スケジュールの見直し…

望海風斗さんコンサート東京公演中止の発表について

うちの周辺の街並みは去年と何一つ変わらず、桜は満開になり緑道や公園の花々は美しく咲き、街は春色に色づいています。 しかし公園を抜けて駅までの道のりには、例年の賑やかな桜の宴も子供たちの遊ぶ姿も見られず、駅までの道のりを皆マスクをして黙々と歩…

雪組『炎のボレロ』配役発表出ました!

雪組公演の全国ツアー『炎のボレロ』配役発表がありました。 配役 情熱的なミュージカル 潤花ちゃん雪から宙へ 懐かしい作品ですねー1988年初演!スカステで観られた方もおられると思いますが、まずは初演のプログラムを見ながら配役の説明をざっと記してみ…

美園さくらさん退団発表 & 記者会見

月組トップ娘役、美園さくらさんの退団が発表されました。 2021年2月14日の東京宝塚劇場公演 ロマン・トラジック『桜嵐記』、スーパー・ファンタジー『Dream Chaser』の千秋楽をもって退団されます。 トップの珠城りょうさんと添い遂げ退団されるのですね。 …

雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』感想⑦ 東京千秋楽の感動を生中継で !

過酷な状況が続いてました。 公演は途中で中止され休演へ、やっと再開するも3回の上演のみで再び休演。 そして迎えた雪組千秋楽。観客が熱く見守る中、宝塚ファンにとって幕が上がったことは大きな喜び。 更に舞台の感動はスカイステージ映像を通して全国へ…

珠城りょうさん退団発表 & 記者会見

昨日月組トップスター珠城りょうさんの退団発表があり、今日3月17日退団記者会見がありました。 2021年2月14日、東京宝塚劇場公演、ロマン・トラジック「桜嵐記」/スーパー・ファンタジー「Dream Cheser」の千秋楽をもって退団されます。 昨日は本当に驚き…

真帆しぶきさん「愛!」そして「雪組」「宝塚」

宝塚歌劇は3月12日から3月19日まで再び公演を中止することになりました。 不安、憤り、落胆、懐疑、様々な感情が渦巻いていますが、世間と宝塚ファンとの温度差を冷静に受け止めねばと思いつつ、あまりに批判的で違和感さえ覚える記事を目にすると口惜しく心…

公演再開の発表の前日に「宝塚で見た景色」

昨日は当初の予定通り宝塚歌劇が公演を再開するという嬉しいニュースが発表されました。 宝塚歌劇公式ホームページhttps://kageki.hankyu.co.jp/sp/news/20200306_004.html あらゆるリスクを背負っての劇団の英断に感謝しつつ、私たち観客も劇団の指示に従っ…

『美女と野獣』『塔の上のラプンツェル』『ピノキオ』ディズニー映画を楽しむ週末

素敵だったFNS夏のディズニー ディズニープリンセス 『ピノキオ』ー星に願いを Disney Map 素敵だったFNS夏のディズニー 昨年7月、FNSうたの夏祭りで雪組出演者が繰り広げたディズニーワールド、素敵でしたね。 子供の頃は白雪姫やシンデレラのプリンセス物…

星組『眩耀の谷』感想 新生星組のエネルギー!

礼真琴さんと舞空瞳さんのお披露目公演「眩耀の谷(げんようのたに)」の観劇感想です。内容にはほぼ触れてません。 観劇したのは2月18日、前日には雪組トップの望海風斗さんの退団発表があり眠れぬ夜を過ごしました。 その翌日に星組公演を観劇できたことは有…

望海風斗さん 退団会見ー最後の瞬間まで

宝塚トップスターの退団記者会見ー 宝塚ファンにとっては何度も繰り返される見慣れた光景ですが、 自分の贔屓がそこに座り退団会見が行われている様子はいつもと違い別の世界の出来事のように感じます。 望海風斗さんと真彩希帆さん、それぞれ別々の会見でし…

望海風斗さん 真彩希帆さん 雪組トップコンビ退団発表

2020年2月17日、雪組トップスター望海風斗さんとトップ娘役の真彩希帆さんの退団が発表されました。 東京宝塚劇場での千秋楽10月11日をもって宝塚歌劇団を卒業されます。 明日18日には記者会見が行われます。 去年の夏頃から、少しずつこの日を迎える準備期…

月組『出島小宇宙戦争』感想〜鳳月杏〜ロマンチックなコメディ

出島のポスターから等身大のカゲヤスが舞台に飛び出してきたかのような登場シーン。 牢獄でどんな暮らしをしていたらこんなキラキラになれるでしょうか・・と問いかけたくなるような素敵なビジュアルはカゲヤス役の鳳月杏さん。 『出島小宇宙戦争』2/16 シア…

花組『DANCE OLYMPIA』感想〜柚香光のフラメンコに魅せられて

ライヴュ観劇から日が経ってしまいました。 新生花組のトップ柚香光さんのプレお披露目公演『DANCE OLYMPIA』舞台は予想以上の素晴らしさで、夏の梅芸での別箱公演にくるなら是非生で観たい!その時に感想を書きたい思ってましたが、トップコンビの夏はブロ…

雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』感想⑥ ライビュ観劇〜望海さんと真彩さんのファンで良かった!

2/3『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』 待ちに待った初日から今日まであっという間の日々でした。大劇場千秋楽、おめでとうございます。 ライブビューイングは初の最前列^^;大劇場だったら泣いて喜ぶ神席ですね。 キャスト別感想 プロローグとフィナーレ /退団…

雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』感想⑤ 望海風斗 ヌードルスを生きる

『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』舞台を4度観たところで映画を見ました。 もう少し先で見るつもりでしたが、先週体調を崩して雪組観劇が1回流れてしまったこともあり、熱が下がった頃に予定を早めてこっそり見ました。 いや〜これはもう、、よくぞこの映画…

雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』感想④ 表と裏 / 彩凪翔 / その他のキャスト

少なからず人は表と裏の顔があると思いますが『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』のジミーの裏の顔は・・。 この作品で影のキーパーソンとなるジミー役の彩凪翔さんと、その他印象に残ったキャストについての感想です。 細かいところは触れていないつもりですが…

雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』感想③ 夢に向かうデボラ・愛に生きるキャロル / 真彩希帆 / 朝美絢

夢を叶える為にー⭐︎愛に背を向けるデボラ愛だけに生きるキャロル 対照的な2人の女性を魅力たっぷりに演じる真彩希帆さんと朝美絢さんについての感想です。 細かいところは触れてませんが、ストーリーの流れなどネタバレしてますのでお気をつけください。 デ…

雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』感想② 危険な香りを纏う男マックス / 彩風咲奈

このストーリーの登場人物の中で興味を惹かれたのがマックスでした。危険な香りがしませんでしたか?今日は気になるマックスと彼を演じた彩風咲奈さんについての感想です。←追記あり。 細かいところには触れていませんが、ストーリーの流れなどネタバレして…